PRODUCT STORY

「はがき箋」を使い分けて、暑中見舞い・残暑見舞いを届けてみよう

暑中見舞いは、蒸し暑い夏の体調を気づかう日本ならではの文化です。とはいえ、なんとなくいつも同じようなはがきを選んで、似たような文章になっていませんか? 
 
暑中見舞いは、送る人にあわせてひと工夫すると、いっそう気持ちが伝わる夏のごあいさつになります。G.C.PRESSのこの夏の新商品をチェックし、デザインにふさわしい文例とともに見てみましょう。


目上の方への暑中見舞いには、落ち着いた柄を選びたい

ビジネスでお世話になっている方や目上の方、ホームドクターなどへの暑中見舞いは、色味を抑えた落ち着いたデザインがおすすめです。
暑中見舞いは蒸し暑い夏の気遣いが見える日本らしいごあいさつ状でもあるので、和をイメージした風物詩をモチーフにしたものだと、いっそう夏のお伺いにふさわしいでしょう。
 
たとえば、朝顔と水流をモチーフにして、淡い水色の色彩で描いた「あさいろ箋」なら、夏の涼しさをさわやかに表現。さりげなく和紙が使われているところも上質感を醸し出しています。
 
暑中見舞いは、二十四節気の小暑(7月7日ごろ)から立秋の前日(8月6日)くらいに出すもの。描かれるモチーフで選ぶなら、7月をイメージする朝顔、祇園祭、風鈴、うちわ、そうめん、すいか、睡蓮、くわがた、うなぎ、かき氷などがぴったりです。
 
秋が迫る8月と違い、梅雨明けや盛夏が連想されるようなもの、という基準で選ぶとよいでしょう。

目上の方への暑中見舞いは、どんなことを書いたらよいかというのも悩みの種です。ともすると堅くなってしまい、重苦しい雰囲気の文章になってしまいがちです。文例のように、暑い夏を吹き飛ばすような元気な印象を与えられるとよいでしょう。締めには、相手のお体をいたわる言葉を添えます。

■親しい間柄なら、楽しげな雰囲気を演出しながら言葉を届ける

暑中見舞いは、何も目上の方への夏のごあいさつ状だけとは限りません。電子メールやSNSの発達した今だから、友人や兄弟など気の置けない人へも、手書きの言葉を届けてみませんか?
 
そんなカジュアルな暑中見舞いには、かわいらしいタッチやにぎやかな絵柄のデザインを選ぶのがおすすめです。G.C.PRESSの「夏遊箋」は、京都の夏をイメージして、かき氷、金魚鉢、風鈴、夏野菜、ききょう、うちわなどがモチーフになっています。
 
一見、プリントの絵柄のように見えますが、実はスクリーン印刷の版をオリジナルでつくり、凹凸のあるデボス加工がほどこされています。カラフルな色使いのなかに、さりげなく金色のインクが光るのもポイント。手づくり感や上質感が届けられます。

フランクな関係性の人への文章は、楽しげなムードをそのまま表すのが一番です。文例のように、花火大会に一緒に行く予定があれば、それを盛り上げるような言葉がよいでしょうし、イベントなど夏を謳歌するような内容にすると、いきいきとした暑中見舞いになります。
 
締めに相手を気づかう言葉は欠かせませんが、親しい人へ向けたものなので愛嬌のある雰囲気を出してみましょう。

残暑見舞いには、夏の疲れをいたわる言葉を添え

目上の方への残暑見舞いも、暑中見舞いと同じように落ち着いた色合いのものがおすすめです。やはり、日本の夏の風物をイメージしたモチーフの柄がよいでしょう。花火、ねぶた祭、阿波踊り、郡上踊り、五山送り火、麦わら帽子、蚊取り線香、トマト、とうもろこし、すいか、アイスクリーム、ひまわり、かぶと虫、うなぎ、ひとで、とんぼ、ひぐらしなどが思い浮かびます。
 
花火やひまわり、すいかなど、にぎやかな夏をイメージさせるものが似合いますが、残暑見舞いは、暦のうえでは秋でもあるので、桔梗などを用いるのもよいでしょう。
G.C.PRESSの「なついろ箋」は、和紙の上に花火と橋、花火と山が描かれ、2柄で展開されています。花火は3色で表現され、シンプルなタッチで描かれていますが、金色のインクが贅沢に使われ、大人の上質感が表現されています。 

目上の方への残暑見舞いは、厳しい暑さを話題にしつつ、お相手の体調をうかがう言葉から書きだします。その後、自身の近況を伝えたり、お相手の夏の過ごし方を訪ねたりするのが一般的。
 
締めには、夏の疲れが出るのを気づかう言葉や、秋の訪れを予感させるような言葉がよいでしょう。

親しい人への残暑見舞いは大人の日記帳のつもりで

夏のイベントや帰省が終わったあと、家族や兄弟、友人など親しい人へも残暑見舞いを送ってみませんか。夏の思い出を報告したり、里帰りでお世話になったお礼をしたりすると、お互いに楽しさが共有できるものです。
 
G.C.PRESSの「花のはがき箋 夏の散歩道」は、朝顔、野あざみ、ひまわり、ハイビスカスがあしらわれた、華やかなはがき箋。夏を過ごすうきうき感が伝わってきますが、繊細なタッチなので、可憐さもあり、両親や親戚にも好感をもたれます。

親しい人への残暑見舞いは、夏の思い出を伝えるなど、大人の日記帳のつもりで書くとよいでしょう。相手がどんな夏休みを過ごしたかを尋ねたり、自分がどんなイベントを満喫したかを素直に書いてみてください。残暑だからといって、暑さを連想させる言葉を並べるのではなく、楽しげな雰囲気を出すのがポイントです。
 
夏のごあいさつである暑中見舞いや残暑見舞いは、“暑さ”が話題の中心になりがちですが、涼しさや夏の楽しさを伝えると、相手も粋に感じてくれます。お気に入りのはがき箋を見つけて、いろいろな人に言葉を届けてみませんか?

記事一覧へ