お手紙 Culture

お中元に「一筆箋」を添えて、真心こもった贈り物を

お中元は、お世話になった方に日ごろの感謝の気持ちをこめて贈る、夏のご挨拶です。
遠方の場合など直接お会いし渡すことが出来ない場合には、お中元に一筆箋で手書きのメッセージを添えることで、より感謝の気持ちが伝わる贈り物となります。

お中元を贈る時期

地域によって異なりますが、首都圏では7月上旬から15日頃までに贈るのが本来の習慣で、最近では6月下旬から7月15日までに贈るのが一般的とされています。
これを過ぎる場合、立秋(2024年は8月7日)頃まではのし紙の表書きを「暑中御見舞」、立秋以降は「残暑御見舞」とします。
地域によっては7月上旬から8月15日頃がお中元の期間とされていますので、贈る方の地域に合わせるとよいでしょう。

一筆箋に感謝の気持ちをしたためて添える

お中元を贈るときは、どのような贈り物を選ぶかも欠かせない心配りですが、品物を持参して直接お渡しできず配送する場合は、一筆箋でメッセージを添えて贈るのがおすすめです。
日頃の感謝の気持ちを手書きの言葉に託して品物に添えることで、より一層思いの伝わる贈り物となります。
お相手への気遣いが感じられるように、お世話になっていることへのお礼や、贈り物に込めた思い、季節のご挨拶、健康を気遣う言葉などを文頭や文末に入れて贈りましょう。

文例

  • 暑い日が続きますが、お変わりありませんか。
    ほんの気持ちのお菓子を贈ります。皆さまでどうぞお召し上がりください。
    またお会いできるのを楽しみにしています。
  • 青空がまぶしく輝く頃、いかがお過ごしですか。
    心ばかりの品をお送りいたします。暑い日が続きますのでご自愛ください。
  • いつもお心遣いいただきありがとうございます。ささやかな品ですが、お納めいただければ幸いです。
    本格的な夏を迎えます。どうぞお身体を大切にしてください。
 
夏花の一筆箋
 

夏柄の涼しげな演出で厳しい暑さへの心配りを

一筆箋 水玉文
 

お中元に添える一筆箋は、お中元の品物にあわせ、夏を彩る花々や風物詩の風鈴など、絵柄入りの一筆箋がおすすめです。
涼し気な水玉模様の一筆箋に夏を表現したシールを貼ると、オリジナルの一筆箋をお楽しみいただけます。

目上の方に贈ることも多いお中元ですので、和紙に罫が入ったシンプルな一筆箋もあらたまった印象になります。
また、一筆箋を封筒に入れるとより丁寧な印象になりますので、お揃いのデザインのものや、一筆箋と封筒がセットになった一筆箋セットで贈るのもおすすめです。

 
一筆箋はこちら
 

お中元を受け取ったら

お中元が届いたらお礼状を送りましょう。お礼状は「贈り物を受け取りました」という報告と、感謝の気持ちを伝えるためのものです。できるだけ早く送ることを心がけましょう。 ちょうど暑中見舞いの時期とかぶるのでお礼だけでなくお相手の体調を気遣う文面を添えてもいいでしょう。

暑中・残暑見舞いおすすめアイテム
記事一覧へ

品名または品番、キーワードで検索できます

商品カテゴリー

年間行事
店長おすすめセット
おすすめ
お中元に「一筆箋」を添えて、真心こもった贈り物を
手書きで贈る夏のごあいさつ
時候のあいさつ 7月
スタッフ募集
便箋/封筒セット
和便箋
ミニ便箋『ふみ揃え』