PRODUCT STORY

お中元に「一筆箋」を添えて、心の込もった贈り物

お中元シーズンが近づき、今年の贈り物は何にしようかと思案する時期がやってきました。

現在、お中元は、両親や親戚、恩師などに贈り物を届ける夏のごあいさつとして定着していますが、本来はどのような意味をもって始められたものかご存知でしょうか。そこに隠された由来を知ると、心の込もったお中元が贈れるでしょう。


お中元は、自分が生かされていることへの感謝を込めた贈り物

お中元の起源は、古代の中国にさかのぼります。当時の中国では、神様をまつる行事として「三元」という日があり、このうち7月15日が「中元」とされていました。日本ではこれがお盆と結びついて、ご先祖さまに自分が生かされていることへの感謝の気持ちを込めてお供え物をする習わしができました。

このお供え物が贈り物という形になったのがお中元です。そのため、両親や親戚など血縁のある人に贈るのが本筋。現在では、まわりの人に生かされているという気持ちから、恩師や仲人にも贈るようにもなっています。

つまり、お中元は、一時的なお礼や儀礼として送るようなものではなく、一生のご縁を結びたい人に感謝の意味を込めて贈るもの。健康を願う気持ちを品物に代えるだけでなく、心を添えることが大切になってきます。

心の込もったお中元を贈るなら、言葉がカギ

現在、お中元はデパートやネットショップから品物を選んで発送することが多くなっています。この時期は、お店側でも特設会場を設け、いろいろな贈り物が提案されているにぎやかな風景が思い浮かびますね。もちろん、どんな贈り物を選ぶかも、お中元に欠かせない心配りです。しかし、お中元は、本来ご挨拶を兼ねて、お届けに上がっていたもの。もし、今までよりもひとつ上のお中元を贈りたいと考えるなら、「言葉」を添えることが何よりも大切です。

お中元の一筆箋には、涼しげな演出で夏の心配りを

お中元に添える一筆箋は、どんなものを選べばよいでしょうか。お中元の品物は、夏に元気を届ける水ようかんやそうめん、ビールなどの食品が贈り物として好まれます。それにあわせて、一筆箋も夏を涼しげに彩る絵柄入りの一筆箋がおすすめ。朝顔や風鈴など夏の風物詩の絵柄入りだとぴったりです。絵柄入りのものが手元にない場合は、夏を表現した絵柄のシールを貼ってもよいでしょう。

目上の人に贈ることも多いお中元なので、和紙に罫が入ったシンプルな一筆箋もあらたまった印象になります。さらに、一筆箋を封筒に入れると、より丁寧な印象になって、言葉がより引き立つでしょう。一筆箋と封筒がペアのデザインになっているものもあるので、揃えておくとベストです。

また、一筆箋の地色は、生成りよりも真っ白な色合いのほうが見た目にもさわやかな印象に。せっかくなので、一筆箋の見た目でも、夏らしい演出にこだわってみてはいかがでしょうか。

一筆箋には、感謝と気づかいを素直に書くのがポイント

一筆箋に添える言葉としては、お相手への感謝が込められていること、気づかいが感じられることが大切です。なぜお中元にその品物を選んだかの理由や、品物に対するエピソードが書かれていると、受け取った方は「自分のために選んでくれたんだな」という気持ちになります。

お相手の好みに沿ったもの、夏の体をいたわるもの、手に入りにくいご当地のものなど、贈り物に込めた思いを素直に書いてみましょう。そのほかには、季節のあいさつやお相手の健康を気づかう言葉を文頭や文末に入れるのもおすすめです。

一筆箋は、本来シンプルに気持ちを表現するためのものですが、2枚までならおかしくはありません。ただし、あくまでもお中元に添えて感謝を表すものなので、近況を知らせるなど、ほかの話題を入れるのは避けましょう。

また、お中元に一筆箋を入れられないような場合は、贈り物が届く前にあらかじめはがきでお知らせするという方法があります。普段、なかなか文字を交わす機会も減っていると思いますので、こうした機会を利用するのは、大切なことかもしれません。

こうした一筆箋やはがきは、手書きで書くのがおすすめ。手書きには、個性や気持ちが字の表情となって、思いがいっそう伝わっていくものです。

この夏は、手書きが映えるアイテムを使って、お中元に言葉を添える贈り物をしてみましょう。