PRODUCT STORY

品格と上質を演出するエンボス加工と箔押しの魅力


印刷の加工技術「エンボス」「箔押し」って、知ってる?

皆さんは、「エンボス」と「箔押し」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?特殊加工の名称ですが、どちらもG.C.PRESSのプロダクトと深い関わりがあります。
 
エンボスは、素材に凹凸をつける加工技術のこと。書店で見かけた本の装丁や駅に貼ってあるポスターの凹凸が気になって、思わず触ってしまった…、なんて人もいるかもしれません。あの凹凸が、エンボス加工なのです。
 
凹凸は、金属の版を使って紙に圧力をかけてつけられます。わずか1mmほどの高低差ですが、思わず触りたくなるような特別な質感に仕上がります。エンボスをかけることで、上質感がプラスされ、印刷物自体の存在価値が増すのです。

▲定番の人気便箋「アンリュバンドゥー」のリボンモチーフは、エンボス加工で表現されている
 

また、エンボスと同様に、素材に高級感や上質感を意匠できる特殊加工が箔押しです。皆さんに親しみ深いもので例を挙げると、明治製菓の「ミルクチョコレート」。茶色の包装紙に金色でロゴが印刷されている、あのおなじみのパッケージは、金のロゴ部分が箔押しで加工されています。
 
まるで本物の金属がそこにあるかのような箔押しの質感は、“高品質の保証書”と言わんばかり。それゆえ、昔から、豪華本の装丁や高価な酒類の化粧箱などに利用されてきました。“目立たせる”目的だけでなく、“伝統的で高級”なイメージを表現する時にぴったりの加工です。

 
▲G.C.PRESSには、エンボス+箔押しの合わせ技で表現されているプロダクトも多い
 

「エンボス」「箔押し」「シルクスクリーン」の組み合わせで、G.C.PRESSらしさを表現

 G.C.PRESSには、「エンボス」や「箔押し」を巧みに使ったペーパープロダクトを数多くそろえています。エンボス加工したリボン柄が人気の便箋「アンリュバンドゥー」をデザインしたシニアデザイナーの真柄菜菜さんは、「控えめなエンボス加工は、上品な表現を好む日本人の心をひきつける気がします。エンボス加工が引き立つのは、白やアイボリーなどの紙。わたしがデザインしたレターアイテム『ハート フルレース』は、白い紙にシルクスクリーンでパールインキを印刷した後、エンボス加工を加えてハートのレース柄がいきるよう工夫しました」と話します。
 
エンボス加工だけでなく、箔押しやシルクスクリーンを組み合わせる方法は、G.C.PRESSのプロダクトの十八番(おはこ)と言っても過言ではありません。
 
「シルクスクリーンのパールインキは、弊社で独自に開発した4種類のインキを採用。素材や粒子の大きさを変えているので、弊社製品ならではの、オリジナルな輝きが楽しめると思います」と、真柄さん。
 
特殊加工を併用することで、複雑なモチーフのディテールがぐっと引き立ち、立体感がプラスされます。スペシャル感のあるペーパーアイテムは、送られた人へ“価値の高さ”を感じさせ、送り手の思いや気持ちが伝わりやすくなるような気がします。
 
大切な人へ季節のご挨拶や感謝の気持ちを伝えたい時、メールではなく、G.C.PRESSのレターアイテムで手紙を書いてみませんか?
 
さまざまな加工の妙が美しいG.C.PRESSの便箋に、その思いをしたためてみましょう。上質で品のいい便箋でなら、相手への“思いやり”や“尊敬”の気持ちが最大限に伝えられるのではないでしょうか。

記事一覧へ